西野史哉

ふと気づけばそばあるようなものや気持ちをゆるくやわらかく描いています。 毎日の生活の中にそっととけこんでいたら うれしいです。